掛け軸

江戸時代

みとみつくに ほそじふく 水戸光圀 細字幅

水戸光圀 細字幅

水戸光圀 細字幅(みとみつくに ほそじふく)は、常陸水戸藩(現在の茨城県)2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)が記したとされる書が、1福の掛け軸に仕立てられています。

「徳川光圀」は、水戸徳川家の重鎮で、「水戸黄門」として良く知られています。藩主時代には、寺社改革や殉死の禁止などを行なった他、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」の幕政にも影響力を及ぼしました。

また、文化事業の振興にも力を注ぎ、「大日本史」と呼ばれる歴史書の編纂にも着手。資料収集のために家臣を諸国に派遣し、隠居後は自らも水戸藩領内を視察したことなどから、諸国漫遊という印象が後世の人々に与えられたと考えられます。

本掛け軸の書にある「西山隠士光圀」(せいざんいんしみつくに)とは、隠居後の名称。達筆でありながら、やや癖のある筆致が印象的です。

水戸光圀 細字幅

水戸光圀 細字幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「水戸光圀 細字幅」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード