江戸時代 中期

しゅじにきんのにちぞうぐんせん 朱地二金ノ日像軍扇

朱地二金ノ日像軍扇

軍扇は、江戸時代中期に作成された軍扇。

親骨と中骨は、透漆塗(すきうるしぬり:透明度が高い上質な漆)の竹製。「要」(かなめ:親骨と中骨を繫ぎ止める部分)に嵌められた真鍮製の「鵐目」(しとどめ:紐を通すための穴の縁を飾る金具)は、菊の形をしており、穴の縁は丸く成形されています。

「腕貫緒」(うでぬきお:ぶら下げて持ち歩くための紐)は、紅四ツ打ち(4本の紅色糸を組み合わせた編み方)の組紐。

地紙は、片面には朱色に金の日輪を描き、もう片面には銀地に朱色の日輪が描かれています。

戦国時代に使われていた軍扇は、陣頭指揮を執るための指揮具として重要な役割を持っていました。大将が持つ軍扇は、戦場で目立つように朱色や金色など、鮮やかな仕様になっているのが特徴。現存する数々の軍扇も派手な色合いの物が多くあります。

骨の素材には、竹や木の他、鉄、真鍮などが用いられ、また地紙に描かれる文様などは、太陽や月などを表す「日月星辰」(じつげつせいしん)が主流。なお、骨が鉄製の軍扇は「鉄扇」(てっせん)とも呼ばれ、鉄扇の中には親骨に作成者のが切られることもあります。

朱地二金ノ日像軍扇の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 中期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「朱地二金ノ日像軍扇」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード