江戸時代 中期

きんじかすみじにじつげつもんぐんせん 金地霞地に日月文軍扇

金地霞地に日月文軍扇

軍扇は、江戸時代中期から後期にかけて制作された軍扇。

親骨と中骨は竹製で、ベンガラ(インドのベンガル地方から伝来した赤色顔料)の漆塗りが施されています。

親骨には、「八卦」(はっけ:中国の占いの一種で天や火など自然の要素を8つに分類した占いのこと)の「乾」(けん)の形が彫られており、「乾」とは、北西の方角で、「陽」の性質を持ち、「堅固」や「能動的」などの意味を持つ形です。

「要」(かなめ:親骨と中骨を繫ぎ止める部分)は銀製で、「玉縁」(たまぶち:穴の縁を丸く成形すること)の「甲菊座」(こうきくざ:菊の形をした座金のこと)で固定されています。

地紙は両面とも金箔押しで、白霞が入っており上品で華やかな印象。片面には太陽を表す円が朱色で描かれ、もう片面には三日月を表す模様が描かれており、左右と上部には「三ツ星」の丸が描かれています。

「三ツ星」は、古代中国で「将軍星」とも呼ばれ、戦の神として信仰されていたことから、日本でも武士の間で広く浸透して家紋にも用いられていました。

金地霞地に日月文軍扇の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 中期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「金地霞地に日月文軍扇」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード