江戸時代 後期

てっせんがたのはちわり 鉄扇形の鉢割

鉄扇形の鉢割

本鉢割は、鉄扇の形をした鉢割です。

「鉢割」とは、「兜割」(かぶとわり)の別名であり、打撃武器の一種。

柄の端に取り付けられた紅四ツ打ちの組紐と柄を結ぶ鐶(かん:金属製の輪のこと)は、後付けされた物です。

片側には、「雨龍紋」の片切彫(かたぎりぼり:片切たがねを使用して線を描く彫金技法)と「正次作」と言うが彫られており、もう片側には「敵をただ 討と思ふな 身を守れ おのすからもる 賎(しず)か家の月」と言う歌が彫られています。

この歌は、「一刀流剣術」の祖である剣客「伊東一刀斎」が詠んだ歌と言われており、「敵をむやみに討とうとするのではなく、身を守りながら相手の隙をつくような戦い方をすると良い」という意味が込められています。

刃を持たない打撃武器である鉢割は、での攻撃を防ぐことができる盾であり、また命を奪うような威力がないために、叩いた相手の戦意を欠く他、致命的な傷を負わせないで弱らせることができる優れた捕縛用の武器でもありました。

なお、兜割の形状は江戸時代の奉行所が所持していた「十手」(じって:棒身の柄側に鉤爪[かぎづめ]状の突起がついた道具)に近い物が一般的であり、本鉢割のように鉄扇の形状をした兜割は非常に珍しいと言えます。

鉄扇形の鉢割の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄扇形の鉢割」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード