江戸時代 後期

てっせん くろじきんのにちぞう 鉄扇、黒地金ノ日像

鉄扇、黒地金ノ日像

軍扇は、江戸時代後期に作成された軍扇です。

親骨は鉄でできており、12本ある中骨は竹製で黒漆が塗られています。また、骨は総体的に細くなっており華奢な印象です。

両面とも地紙は黒色に塗られており、片面は金色の日像(にちぞう:太陽をかたどった物)を描き、片面には朱色の日像が描かれています。

通常の軍扇は、片面に月を表す丸、もう片面に太陽を表す丸を描きますが、本軍扇は両面共に太陽を表す丸が描かれているのが特徴。これは江戸時代後期と言う比較的平和な時期に制作された物であるからと推測されます。

戦国時代において、合戦をする日が縁起の良い日(吉日)か、縁起が悪い日(悪日)かは重要なことでした。合戦の日が吉日の場合、昼間は軍扇に描かれた太陽を意味する丸を表にして扇の骨を6つまで開き、残りの6つの骨は畳んだままにします。夜になれば反対側の月を意味する丸を表にして昼間同様に骨を6つ開き、残り6つを閉じました。そして、合戦に勝利したときにはすべての骨を開きます。

一方で、悪日に合戦をしなければならない場合は、吉日と反対のことをしました。昼間に月側を表にして骨を6つ開き、残り6つは閉じ、夜間に太陽側を表にして同様のことをします。吉日と反対のことをすることで、悪日を吉日へと変えたのです。

こうした吉凶にかかわる事柄を判断したのは「軍師」と呼ばれる家臣。軍師は、合戦における作戦を練るだけではなく、占いや祈祷などの役割を担って全軍の士気を支える存在だったのです。

江戸時代になると、領土を奪い合う戦国時代とは違い、争乱が起きる理由の多くが領主に対する不平不満の表れである「一揆」と言う形態に変わったため、軍扇を用いた吉凶占いはほとんど行なわれなくなりました。

鉄扇、黒地金ノ日像の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄扇、黒地金ノ日像」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード