制作時代不明

ぐんばい 軍配

軍配

「軍配」は、団扇(うちわ)の一種で、戦場において武将が指揮具に使用した扇です。本軍配は、柄の部分が黒漆塗となっており、その上に白い籐巻き(とうまき)が巻かれ、扇部分の上下の固定具、及び縁部分は鍍金(めっき)で覆われて、軍配の深い色によく映える美しい造りとなっています。

軍配を現在でも見られる場所と言えば、日本の国技である「相撲」の土俵上。相撲の勝敗を決定する審判役「行司」(ぎょうじ)が手に持っているのが軍配です。

現在の相撲の前進となる「勧進相撲」(かんじんすもう:寺社の建築費や修繕費を捻出するための興行相撲)が行なわれ始めた当初は、扇形の軍配団扇軍扇」(ぐんせん)や、「唐団扇」(とううちわ:ひょうたん型の中国風団扇)などが使用されていました。その後、元禄年間(1688年~1704年)頃から、現代の軍配が主に使われるようになります。

ちなみに、慣用句の「軍配が上がる」の語源は、相撲の取り組みで勝敗が決した際に、行司が軍配を上へ掲げる動作が由来と言われており、現代ではスポーツだけではなく、議論や勝負の場において多く用いられる言葉になりました。

軍配の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「軍配」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード