書跡

室町時代 後期

もうりもとなり じきひつさんぷく(しそく さんにんあて) 毛利元就 直筆三幅(子息 三人宛)

毛利元就 直筆三幅(子息 三人宛)

毛利元就」は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主。一代にして中国地方のほぼ全域に勢力を拡大し、大国を築き上げた名将です。毛利元就は、筆まめな性格であり、方々へ宛てた直筆の消息が多く残されています。

本消息は、厳島の戦いの折に毛利元就が、3人の息子「小早川隆景」、「吉川元春」、「十郎元秋」へ宛てて書いた消息。1通目は、小早川家へ養子に出した三男「隆景」宛てであり、厳島の戦いのときに大内氏から毛利氏へ寝返った家臣「町野市郎左衛門」が、大内氏の攻撃を受けているため、町野氏を助けるように、という旨の消息です。

毛利元就 直筆三幅(子息 三人宛)

毛利元就 直筆三幅
(子息 三人宛)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 室町時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
毛利元就 → 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「毛利元就 直筆三幅(子息 三人宛)」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード