書跡

室町時代 後期

あまごよしひさ いずもたいしゃあてしょうそく 尼子義久 出雲大社宛消息

尼子義久 出雲大社宛消息

本書状は、1561~1566年(永禄4~9年)までの6年間、「尼子義久」(あまごよしひさ)が出雲国守護職在任中に書いた消息。

出雲大社で執り行なわれる「三月会」(さんがつえ:毎年3月1日~3月3日まで行なわれる祭礼)の行事について、尼子義久が「佐草」(大社の神主を務める家柄)に宛てて、「名代以下申し付けたので、恒例のようにお金をかけて準備を行なうように」と言う旨が記してあり、出雲大社は代々尼子氏の領地内にあったため、尼子義久が厚い信仰心を抱いていたことを示す内容です。

「尼子義久」は、幼名を「三郎四郎」と言い、のちに足利13代将軍「足利義輝」から「義」の字を授与して「義久」と改名します。

尼子義久の父は、戦国時代の武将「尼子晴久」(あまごはるひさ)。尼子晴久は、出雲国(現在の島根県東半部)の大名で、出雲をはじめ隠岐(現在の島根県隠岐郡隠岐の島)や備前(現在の岡山県南東部)など、山陰山陽11ヵ国のうち8ヵ国の守護を兼任した中国地方一の大大名として有名です。

尼子晴久は長きに亘り、毛利元就と覇権を競い合っていましたが、尼子義久は尼子晴久の急死後、石見銀山(いわみぎんざん:現在の島根県大田市にある日本最大の銀山)を巡る毛利元就との対決路線を変更して、足利幕府の仲介のもとで和平をすすめます。しかし毛利元就は、これを利用して尼子義久への攻略を画策。この行動がのちに尼子義久勢力の崩壊へと繋がっていきます。

尼子義久 出雲大社宛消息

尼子義久 出雲大社宛消息の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 室町時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
尼子義久 →刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「尼子義久 出雲大社宛消息」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード