書跡

室町時代 後期

うえすぎけんしん きたじょうかげひろあて 上杉謙信 北条景広宛

上杉謙信 北条景広宛

上杉謙信」は、越後国(現在の新潟県)の大名であり、「武田信玄」と5度にわたり「川中島の合戦」で争った戦国武将です。

本書状は、1570年(元亀元年)に仏門に入ってのちに称した「謙信」の署名があることから、それ以後に記されたとされています。

その当時、室町幕府15代将軍「足利義昭」(あしかがよしあき)と「織田信長」が対立。足利義昭は、「武田信玄」、「浅井長政」(あざいながまさ)、三好氏、「比叡山延暦寺」(ひえいざんえんりゃくじ)、「本願寺」、毛利氏などと連絡を取り、対する織田信長は、「徳川家康」と組んでいました。

このような状況のなか、丹後守「北条景広」(きたじょうかげひろ)より、上杉謙信へ要望があったと考えられています。しかし、上杉謙信自身、北条景広から譲り受けた関東の経営と、自国の運営、さらには軍事面での問題も山積していたため、この要請にも応えることができませんでした。

上杉謙信 北条景広宛

上杉謙信 北条景広宛の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 室町時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
上杉謙信 → 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「上杉謙信 北条景広宛」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード