書跡

安土桃山時代

とくがわいえやす しゅいんじょう ちぎょうあてがいじょう 徳川家康 朱印状 知行宛行状

徳川家康 朱印状 知行宛行状

「知行宛行状」(ちぎょうあてがいじょう)とは、主君が家臣に与えた知行(俸禄として土地を与えること。またその土地)の権利を保証した文書のこと。

徳川家康」は、「石清水八幡宮」(いわしみずはちまんぐう)へ詣でたときに、「亀女」(かめじょ:のちの「お亀の方」)を見初めると、1594年(文禄3年)に側室に迎えました。

亀女は、石清水八幡宮の社務(しゃむ:神社の事務をつかさどる役職)であった田中家の分家にあたる「正法寺」(しょうぼうじ)の住職「志水宗清」(しみずむねきよ)の娘で、のちに尾張徳川藩の祖となる「徳川義直」(とくがわよしなお)を出産します。

徳川家康は、石清水八幡宮へ「検地令免許、守護不入」(けんちれいめんきょ、しゅごふにゅう:土地の測量を行なわず、守護による租税の徴収や罪人の捕縛を行なわないこと)の朱印状を与えました。こうした特権を得られたのは、亀女の働きによるところが大きかったと考えられています。

石清水八幡宮はのちに、尾張徳川家からの庇護を受けることとなりました。

徳川家康 朱印状 知行宛行状

徳川家康 朱印状 知行宛行状の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「徳川家康 朱印状 知行宛行状」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード