献上鮫

制作時代不明

けんじょうざめにてん 献上鮫2点

献上鮫2点

本作品は、伊達家に伝来した逸品で、豪華絢爛な絵柄の「綿金襴」(めんきんらん)で制作された「仕覆」(しふく:茶器などの道具類を入れる袋)に包まれた鮫皮の最高級品です。

鮫皮は本来、日本刀の「」(こしらえ)に使用されていましたが、突起が大きく形が整っている物については、鮫皮それ自体を「金襴」(きんらん)や「組紐」(くみひも)などで装飾して豪商から大名などに献上されることもありました。このように用いられた鮫皮を「献上鮫」(けんじょうざめ)と呼んだのです。

日本刀に付属する拵の材料としての鮫皮の歴史は古く、奈良時代に建てられた「正倉院」(しょうそういん)に収蔵されている「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有財産)の「」(けん/つるぎ)の「」(つか)に使用されているのを確認することが可能。

「鮫」という呼称ですが、その正体は南洋で獲ることのできるエイの背中の皮です。日本でエイを捕獲することが極めて困難だったため、そのほぼすべてが輸入品だったと言われています。

献上鮫2点の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
伊達家伝来 → 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「献上鮫2点」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード