蒔絵箱

制作時代不明

くろうるしぬりぼたんからくさまきえばこ(もんいり) 黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱(紋入)

黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱(紋入)

本箱は、黒漆塗の上に「梅鉢」(うめばち)の家紋と「牡丹唐草」の蒔絵が施された、華やかな文箱(ふばこ:書状を入れて運び届ける入れ物)です。

文箱などの花嫁道具に家紋を入れることは、花嫁の出自が高い家柄であるということを表す重要な目印となりました。

梅鉢紋は、「加賀(現在の石川県金沢市)百万石」と言われた、前田家が使用したと伝わる文様。本家紋は、「豊後梅鉢」(ぶんごうめばち)と言われるもので、やはり前田家にちなんでいる文様です。

本箱に描かれた、ぷっくりと丸みをおびた可愛らしい唐草文様は、蛸の吸盤のように見えることから「蛸唐草」(たこからくさ)と呼ばれ、江戸時代中期に流行。中面には、梨子地仕上げが施され、豪華です。

黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱(紋入)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱(紋入)」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード