蒔絵箱

制作時代不明

くろうるしぬりぼたんからくさまきえばこ 黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱

黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱

本箱は、黒漆塗の上に「牡丹唐草」文様の蒔絵が見事に施された、文箱(ふばこ:書状を入れて運び届ける入れ物)です。

江戸時代の大名階級では、「厨子棚」(ずしだな:化粧道具や書道道具を入れる棚)、「黒棚」(くろだな:櫛や香具を入れる棚)、「書棚」(書物を置く棚)が、花嫁の3大婚礼道具とされ、文箱は書棚に収める箱として欠かせない付属品とされました。

「牡丹唐草」文様は、中国の盛唐時代(715~765年)に花牡丹の観賞が好まれたことで完成した文様で、日本でも有職文様(ゆうそくもんよう:平安時代から公家階級で使用された伝統的な文様)のひとつとされています。

牡丹の花びらや唐草模様をよく見ると、「沃懸地」(いかけじ)という金の鑢粉(やすりふん)を蒔く技法が施され、また中面にも沃懸地仕上げが施されたたいへん手の込んだ逸品。身分が高い女性の所持品であったと思われます。

黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「黒漆塗牡丹唐草蒔絵箱」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード