書跡

安土桃山時代

なおえかねつぐ しょじょう(やまよしかげながあて) 直江兼続 書状(山吉景長宛)

直江兼続 書状(山吉景長宛)

1581年(天正9年)、主君の上杉景勝(うえすぎかげかつ)に対して不満を募らせた新発田重家(しばたしげいえ)による反乱が勃発。この反乱を工作した伊達輝宗(だててるむね)が織田軍の柴田勝家とともに新発田側に加勢したことで、上杉軍は苦境に立たされます。

しかし、翌年の6月21日に「本能寺の変」で織田信長が倒れて織田軍の侵攻が止まると、北条氏直(ほうじょううじなお)との和睦を結んだ上杉景勝は1583年(天正11年)4月、新発田重家を討つために居城である新潟城へ出陣します。

本状は上杉謙信の病死後、その養子である上杉景勝に仕えた直江兼続(なおえかねつぐ)が、上杉軍として蓼沼友重(たでぬまともしげ)とともに新潟城へ侵攻した山吉景長(やまよしかげなが)の戦功を褒め称えるために送った物です。三条と新潟の合戦において数人の武将を討ち取り、竹田輿介(たけだよすけ)を生け捕ったことを上杉景勝が喜んでいる旨が記されています。

一方で、「今後も陣営でよく相談し、抜かりなく行動するように」「こちら(直江兼続)では信越をしっかり治めるように言われているので安心するように」とも綴られており、戦況がまだまだ予断を許さぬものであったことが読み取れます。また、上杉景勝本人から山吉景長に送った同内容の書状も存在しています。

直江兼続 書状(山吉景長宛)

直江兼続 書状(山吉景長宛)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真」の詳細ページです。
こちらでは、「直江兼続 書状(山吉景長宛)」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る