制作時代不明

きんなしじはちすかまんじもんまきえたちづつ 金梨地蜂須賀万字紋蒔絵太刀筒

金梨地蜂須賀万字紋蒔絵太刀筒

太刀筒は、徳島藩主「蜂須賀」(はちすか)家に伝来した作品です。蜂須賀家の祖は、「豊臣秀吉」の与力(よりき:侍大将などに付属する武士)だった「蜂須賀小六」(はちすかころく)。

徳島藩の石高は25万7,000石。大きな石高を誇った外様の雄藩に伝来した太刀筒らしく、本太刀筒は、「金梨地」(きんなしじ)塗の上に家紋である「蜂須賀万字」(はちすかまんじ)の蒔絵を施した美麗な逸品。また、金具についても、赤銅(しゃくどう:銅と金の合金)に家紋などの彫金がなされるなど、繊細な細工が施されています。

太刀筒は、江戸時代において「参勤交代」の際や、日本刀(刀剣)を将軍家に献上したり、将軍家から拝領したりした際の日本刀(刀剣)の収納容器として用いられた筒です。特に参勤交代においては、太刀を収納して運ぶための容器に止まらず、供の者が持つ大名道具のひとつとして、家格を示す存在でもありました。

徳島藩13代藩主「蜂須賀斉裕」(はちすかなりひろ)は、11代将軍「徳川家斉」(とくがわいえなり)の22子。本太刀筒は、将軍家との縁戚関係ができたことによって、家格が格段に上がった蜂須賀家にふさわしい逸品と言えます。

金梨地蜂須賀万字紋蒔絵太刀筒の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
蜂須賀家伝来 → 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真」の詳細ページです。
こちらでは、「金梨地蜂須賀万字紋蒔絵太刀筒」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る