掛け軸

江戸時代

とくがわじゅうろくしんしょうずかけじく 徳川十六神将図掛軸

徳川十六神将図掛軸

徳川十六神将(とくがわじゅうろくしんしょう)は、徳川家康に仕えた酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政・米津常春・高木清秀・内藤正成・大久保忠世・大久保忠佐・蜂屋貞次・鳥居元忠・鳥居忠広・渡辺守綱・平岩親吉・服部正成・松平康忠の16人の武将を指す呼び名です。

彼らは徳川家康が江戸幕府を開くにあたって大きく貢献したとされる武将で、三河国平定の時期から徳川家康に仕える者が多く選ばれています。このうち最初の4人を特別に徳川四天王と呼ぶ他、この16人にさらに別の12人を加えた28人が、徳川二十八神将として日光東照宮に祀られています。

武功派で強者揃いの十六神将ですが、なかでもよく知られているのが井伊直政です(左列上から2人目)。15歳で徳川家康に仕え、軍事的にも政治的にも徳川家康を支える重臣となりました。

甲冑(鎧兜)陣羽織から旗指物馬標(うまじるし)まですべての軍装を赤色で統一した「赤備え」の武将としても名高く、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦い、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、その活躍ぶりから「井伊の赤鬼」と恐れられました。

この「徳川十六神将図掛軸」の作者及び描かれた詳細な年代は不明ですが、徳川家康を頂点として8人ずつ2列に並んだ構図は、十六神将図としては最もポピュラーな物です。そして四天王と徳川家康の従弟にあたる松平康忠が徳川家康の近くに配されているのも、多くの十六神将図に共通する特徴です。

徳川十六神将図掛軸

徳川十六神将図掛軸の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「徳川十六神将図掛軸」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード