掛け軸

江戸時代

たけだけ はたさしものかけじく 武田家 旗指物掛軸

武田家 旗指物掛軸

指物(はたさしもの)とは、武将が戦場で自身の所在を表明するための目印。これを掲げることで敵・味方の判別を可能にするとともに、武将たちは戦場で味方を鼓舞し、士気を高めていました。

この「武田家 旗指物掛軸」は、武田信玄が戦で用いた旗指物などを一覧にした物です。もっとも有名な大将旗の「風林火山」こそ描かれていないものの、武田信玄を特徴付けるもうひとつの武具である変わり兜諏訪法性兜」(すわほっしょうのかぶと)が目を引きます。

このが持つ「白熊(はぐま)の兜」という異名は、肩にかかるほど長いヤク(ウシ科の動物)の毛に由来するものです。また、右上3つの旗指物には、それぞれ花菱が3つずつ並べられています。武田家は家紋として四つ割菱(直線的でシンプルな菱型を4つ並べたもの)を用いることが多いのですが、ここでは菱型を花の模様に変化させた花菱があしらわれています。

さらに、武田信玄の旗指物としてよく知られる百足(ムカデ)の旗(上から3段目右端)は、武田軍の伝令部隊である「百足衆(むかでしゅう)」が用いたと言われています。前進するのみで後退しないという百足の習性から、百足は武将たちの間で武勇の象徴とされており、百足衆に選ばれることは武田軍の中でもたいへん名誉なことでした。

武田家 旗指物掛軸

武田家 旗指物掛軸の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「武田家 旗指物掛軸」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード