時計

江戸時代

だいみょうどけい 大名時計

大名時計

日本に時計が伝来したのは、1543年(天文12年)。鉄砲伝来とほぼ同じ頃と言われています。江戸時代に時計を持っていたのは、まだ大名か豪商のみ。

また、現在のような定時法ではなく、不定時法(日の出、日没により一日の時間が変わる)が採用されていたため、庶民はお寺で鳴る鐘の音や日時計を利用して、時刻の把握をしていました。

本時計は、尾張徳川家(現在の愛知県名古屋市)の祖「徳川義直」(とくがわよしなお:徳川家康の9男)が、母「相応院」の出自で菩提寺でもある、京都府正法寺に寄進したと伝えられる一台です。

文字盤の中心と、台の部分には尾張徳川家の家紋である「尾州中納言葵」が装飾されています。

美しい鶏の蒔絵も施された、とても豪華な仕様です。

大名時計の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
正法寺 → 刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「大名時計」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード