重要美術品

安土桃山時代

とよとみひでよし じひつしょじょういっぷく(さんじょうどのがもうしあてひでよししょうそく) 豊臣秀吉 自筆書状一幅(三条殿蒲生氏宛秀吉消息)

豊臣秀吉 自筆書状一幅(三条殿蒲生氏宛秀吉消息)

本状は、豊臣秀吉が側室の三条殿蒲生氏(さんじょうどのがもうし)に宛てた自筆の書状で、宛名の「ともし」は三条殿蒲生氏の名前「とら」に由来する略称です。書状には、蒲生氏からの「人手が足りない」という申し出に、豊臣秀吉が応じる旨が記されています。

三条殿蒲生氏は戦国武将、蒲生賢秀(がもうかたひで)の娘であり、蒲生氏郷(がもううじさと)の妹です。文末の「大かう」が太閤を意味することから、本状が書かれたのは豊臣秀吉が甥の豊臣秀次に関白職を譲り、太閤となった1591年(天正19年)12月以降であることが分かります。

また、文中の「こちらは建築中で1日外にいた。大変疲れている」という記述から、伏見城の築城を始めた1592年(文禄元年)から入城した1594年(文禄3年)までの期間であることも推測できます。

この伏見城は、豊臣秀吉が自身の隠居後の住まいとするため、伏見の「指月山」(しげつやま)に建てた城です。しかし、伏見城は豊臣秀吉が移り住んでから2年後の1596年(文禄5年)に起きた慶長伏見地震によって倒壊。

その後、1597年(慶長2年)に指月近くの木幡山(こはたやま)に再建するも、豊臣秀吉は翌年に城内で病没します。豊臣秀吉の死後、徳川家康が居城とした伏見城は、1600年(慶長5年)「伏見城の戦い」で大半を焼失。

関ヶ原の戦い」前哨戦とも言える「伏見城の戦い」は、宇喜多秀家(うきたひでいえ)らが率いる西軍と鳥居元忠(とりいもとただ)ら率いる東軍が衝突した戦いです。その後、伏見城は1602年(慶長7年)ごろ、徳川家康によって3度目の再建が行なわれました。

本状は豊臣秀吉自筆の貴重な手紙で、国の重要美術品に指定されています。

豊臣秀吉 自筆書状一幅(三条殿蒲生氏宛秀吉消息)

豊臣秀吉 自筆書状一幅
(三条殿蒲生氏宛秀吉消息)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 重要美術品 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「豊臣秀吉 自筆書状一幅(三条殿蒲生氏宛秀吉消息)」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード