目貫

制作時代不明

ほうおうず 鳳凰図

鳳凰図

目貫意匠として用いられている「鳳凰」(ほうおう)は、古来中国において尊ばれていた伝説上の鳥。中国神話や物語などに登場し、人生を良い方向に導くと考えられていた「霊鳥」(れいちょう)です。

「麒麟」(きりん)や「亀」、「龍」と共に、中国で霊獣視されていた鳳凰は、「梧桐」(あおぎり)の木にのみ止まり、「霊泉/醴泉」(れいせん)と呼ばれる甘い味のする泉の水だけを飲み、60~120年に一度、実を結ぶ竹の実や「甘露」(かんろ:中国の伝説で、庶民にとって恵み深い政治を、天子が施したときに降ってくると言う甘い露)だけを食物としていたと言われています。

その姿は黄金に輝き、翼は五色絢爛(ごしょくけんらん)であり、鳳凰は天地の「陰」と「陽」を一体化した存在であるとされていました。

また、中国の古い地理書である「山海経」(せんがいきょう)によれば、鳳凰の体の各部には、首に「徳」(とく)、背に「義」(ぎ)を掲げ、その胸、すなわち心に「仁」(じん)を負い、翼に「信」(しん)、足に「礼」(れい)を挟んでいたと伝えられています。

本目貫は、どの流派による作かは不明ですが、鳳凰が優雅に飛翔する神聖な姿を巧みな鏨(たがね:金属を削ったり、切断したりする際に用いる鋼鉄で作られた道具)さばきで表現しており、吉兆の願いが込められた作品です。

鳳凰図の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鳳凰図」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード