目貫

昭和時代

そうかくず(わりたんざくめい) みつゆきさくほうちょうこれをしるす のぶあきさく 双鶴図(割短冊銘)光行作倣彫誌之 信明作

双鶴図(割短冊銘)光行作倣彫誌之 信明作

目貫は、仲睦まじい2羽の鶴が、たいへん美しい目貫。鶴の姿は精工で、毛彫を配し、量感豊かに作り込まれています。

首、足、くちばしが長く、端正で高貴な印象がある「鶴」は、仙禽(せんきん:仙界にいる霊鳥)と崇められてきました。昔から、鶴が舞い降りると良いことが起きる、鶴の夢を見ると長生きできると言われますが、特に双鶴図は、鶴が生涯1羽としかつがいにならないという特性から、幸せな結婚を願う縁起が良い図柄として好まれています。

本目貫は、江戸時代中期に活躍した装剣金工「菊岡光行」(きくおかみつゆき)の目貫を、「宮田信明」(みやたのぶあき)が模した1具。

菊岡光行は装剣金工・菊岡派を創始し、力強く精美な作風が特徴でした。

宮田信明は、1888年(明治21年)生まれの昭和時代に活躍した金工で、古作の名品の補修や模倣を数多く手掛けた人物。特に、「腰元彫り」という、腰まわりに使う目貫・小柄(こづか)といった刀装具(とうそうぐ)や、煙草入などの金工が得意で、昭和時代最後の良工と呼ばれました。

双鶴図(割短冊銘)光行作倣彫誌之
信明作の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 保存刀装具 推定制作時代 昭和時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「双鶴図(割短冊銘)光行作倣彫誌之 信明作」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード