目貫

江戸時代 後期

ぐんばいにさいはいのず きばためい おつりゅうけん みぼくかおう 軍配に采配の図 際端銘 乙柳軒 味墨花押
(四代・政信)

軍配に采配の図 際端銘 乙柳軒 味墨花押<br>(四代・政信)

目貫は明るく、かつ優れた金無垢の地に、端正な文字で際端(目貫の側面に刻んだ銘)を配しています。緩やかな曲線と、作り込まれた腰のある姿が印象的。

打ち出しが力強く、抜穴(目貫の透彫)の切れも秀逸です。表目貫に軍配、裏目貫に采配を表現。軍配には七星(しちせい:北斗七星のこと)が施され、星と星の間は丸鏨(まるたがね)で刻み目を入れて繋いでいます。緒(お:紐のこと)は繊細な毛彫(細い線で文様を彫ること)です。

軍配、采配、それぞれ柄の上下にある金具部分は、鏨で細かな点を打ち出し、石のような質感で、裏側には、表目貫と裏目貫を合わせてはめ込むための根があり、根の周りには力金が付けられています。

本目貫の制作者は、「濱野派」(はまのは)を興した「政随」(しょうずい)の4代目にあたる「政信」(まさのぶ)です。政随は、奈良派の名工「利寿」(としなが)に学び、独立後は多くの優れた弟子を輩出。濱野派を奈良派と並ぶ一大流派へと発展させました。

本目貫の銘にある「乙柳軒」、「味墨」は、濱野派にとって由緒ある号であり、政信を含む代々の名工が使用しています。

軍配に采配の図 際端銘 乙柳軒
味墨花押(四代・政信)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 後期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「軍配に采配の図 際端銘 乙柳軒 味墨花押(四代・政信)」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード