硯箱

江戸時代

しょうしょうはっけいずまきえすずりばこ 瀟湘八景図蒔絵硯箱

瀟湘八景図蒔絵硯箱

本硯箱には、中国の山水画の有名な画題である「瀟湘八景図」(しょうしょうはっけいず)が巧みな蒔絵技法を用いて描かれています。

瀟湘八景図は、豊かな自然を表現することを意図とした図。鎌倉時代に禅僧達によって受け入れられると、室町時代には、山水画の画題としてもてはやされ、狩野派の画家が好んで描いたと言われています。こうして瀟湘八景図は、日本においても伝統的な画題となり、「近江八景」や「金沢八景」などの由来となったのです。

蓋表には、「銀蒔絵」で描かれた湖上に浮かぶ月明かりが、山に降り積もった雪を照らす様子や、山あいの寺の鐘が鳴り響く様子が情緒的に描写。また、蓋裏も「金梨地」で入念に制作されており、帰路を急ぐ人の様子を細やかに描写されています。

墨を研ぐための水を入れる「水滴」(すいてき)は、「四分一」(しぶいち:銀と銅の合金)地に「根引松」(ねびきまつ)と「梅花」が「毛彫り」の技法で彫刻された美術品です。

瀟湘八景図蒔絵硯箱の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「瀟湘八景図蒔絵硯箱」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード