短銃

たんじゅう ぶしゅうえどじゅうえなみやじゅうけい 短銃 武州江戸住榎並屋重継(花押)

短銃 武州江戸住榎並屋重継(花押)
「榎並屋」は、堺(現在の大阪府堺市)で名を馳せた鉄砲鍛冶。特に「榎並屋勘左衛門」(えなみやかんざえもん)は、「堺鉄砲鍛冶年寄五家」にも選ばれ、「徳川家康」の鉄砲御用を岡崎時代から務めた人物です。江戸幕府が開かれると、武州江戸に屋敷を与えられ、御用鍛冶を務めました。重継はその一門と思われる人物。 本火縄銃は、馬上戦で使用する馬上用。通常の火縄銃よりも短く、火ばさみを落とすスプリングが内部にある内カラクリが特徴です。不安定な馬の上でも取り扱いやすい、実戦的な銃と言えます。

短銃 武州江戸住榎並屋重継
(花押)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 短銃 全長(cm) 61.0
銃身長(cm) 37.7 口径(cm) 1.4
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「火縄銃・短銃・大筒・和製西洋式銃写真」の「短銃 武州江戸住榎並屋重継(花押)」のページです。
一般的な火縄銃のサイズよりも小型である短銃の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な短銃を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る