• 未鑑定
  • 江戸時代

くろだよしゆきこう げんぷくかっちゅう

黒田吉之公 元服甲冑

黒田吉之公 元服甲冑

「黒田吉之公 元服甲冑」は、福岡藩(ふくおかはん:現在の福岡県福岡市)四代藩主、黒田綱政(くろだつなまさ)の長男として生まれた黒田吉之(くろだよしゆき)の元服甲冑。473,000余石の福岡藩主嫡子にふさわしい、贅を尽くした華やかな当世具足で、覆輪(ふくりん)の毛彫り(けぼり)も緻密な細工が施されています。

黒田吉之は天和2年(1682年)6月に江戸で出生し、幼少期は左京という呼び名でした。元禄4年(1691年)2月、10歳のときに5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)に拝謁し、徳川綱吉から「吉」の一字を賜り、「吉之」(よしゆき)と改名。本甲冑(鎧兜)はその頃に作られたと考えられます。

黒田吉之は生まれつき病弱で喘息を患っていたようで、宝永7年(1710年)7月に体調を崩して29歳で早世しており、家督を継ぐことができませんでした。

本甲冑(鎧兜)は、黒田家の2つの家紋(かもん)、「藤巴紋」(ふじどもえもん)と「黒餅紋」(こくもちもん)の金具を随所に散らしています。藤巴紋は、黒田家が播磨国(現在の兵庫県)小寺家に仕えていたときに下賜された家紋で、「黒田藤」と呼ばれています。

もうひとつの家紋黒餅紋は、竹中半兵衛(たけなかはんべえ)と同じ家紋です。福岡藩初代藩主・黒田長政(くろだながまさ)が、竹中半兵衛に敬意を表して、黒餅紋を家紋としました。黒田家の甲冑(鎧兜)は黒田官兵衛(くろだかんべえ)や黒田長政の物に倣い、袖を付けない物が多く本甲冑(鎧兜)も同様になります。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
黒田吉之伝来 →

刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「黒田吉之公 元服甲冑」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード