• 未鑑定
  • 江戸時代 初期

てつくろうるしぬりいよざねにまいどうぐそく

鉄黒漆塗伊予札二枚胴具足

鉄黒漆塗伊予札二枚胴具足

甲冑(鎧兜)は鹿角形脇立が人目を惹く、実戦的で纏まりの良い当世具足です。

(かぶと)は、鹿角を立体的に象った黒漆塗脇立(くろうるしぬりわきたて)が特徴的な、鉄黒漆塗十八枚張突配形兜(てつくろうるしぬりじゅうはちまいばりとっぱいなりかぶと)。脇立(わきたて)とは、兜鉢の左右両脇に取り付けられた立物(たてもの)です。また、天辺が尖った兜を、「とっぱいなり」(突配形/突盔形)と呼びます。

(しころ)は、鉄黒漆塗りの板物五段紺糸素掛威(いたものごだんこんいとすがけおどし)。板札(いたざね)を用いて仕立てられた甲冑(鎧兜)を「板物」(いたもの)と呼びます。「素懸威」(すがけおどし)は、小札(こざね)を1枚ずつ細かく結び合わせず間隔を置いて、2本の縅糸を並べて縅していく(結び合わせる)連結手法です。はげしく怒った形相をした鉄黒漆塗りの烈勢面頬(れっせいめんぽお)は、鼻のある面頬である「目の下頬」(めのしたぼお)の一種で、顎下に錣と同形式4段の(たれ)が付いています。

は、金具廻を雁木篠黒漆塗(がんぎしのくろうるしぬり)とした鉄黒漆塗りの伊予札二枚胴具足(いよざねにまいどうぐそく)。板の端が重なるように階段状に並べて連結した篠(しの:細長い平板状の部品)を「雁木篠」(がんぎしの)と呼びます。草摺(くさずり)は帯状一文字の伊予札を素掛に威した、黒漆塗りの一文字伊予札五段七間(いちもんじいよざねごだんしちけん)。袖は鉄黒漆塗りの伊予札を六段にした構成です。

さらに、実用的な鉄黒漆塗りの篠籠手(しのごて)、黒漆塗りのカルタ佩楯(かるたはいだて)、鉄黒漆塗りの篠臑当(しのすねあて)の三具が揃っています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 初期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗伊予札二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード