• 未鑑定
  • 制作時代不明

あばらどうぐそく

肋骨胴具足

肋骨胴具足

甲冑(鎧兜)には、室町時代末期以降に普及した「当世具足」(とうせいぐそく)を代表する「肋骨胴」(あばらどう)の形式が用いられています。二枚胴で作られており、前胴の部分は、鉄板を打ち出すことで肋骨が強調されているだけでなく、下地の盛り上げを調整して、血管が浮き出ているのが特徴。これは、他の肋骨胴にはあまり見られない表現方法です。

本甲冑(鎧兜)のような肋骨胴具足は、仁王像の裸形(らぎょう)を模したようにも見えることから、「仁王胴具足」(におうどうぐそく)とも呼ばれています。

また、本甲冑(鎧兜)のに採用されているのは、「野郎頭形兜」(やろうずなりかぶと)の形式。「頭形兜」とは、「兜鉢」(かぶとのはち)が3~5枚の鉄板で作られた兜のこと。長い獣毛が植えられた総髪(そうはつ:全体を伸ばした髪の毛を頭頂で束ねた男性の髪型の一種)が施されています。さらに「」(しころ)に用いられているのは、「金箔押緋縅五段」(きんぱくおしひおどしごだん)の技法です。

本甲冑(鎧兜)の正確な制作年代は不明ですが、当世具足が隆盛を極めた安土桃山時代頃から現在まで、細部も含めて当時のままで遺されてきたことを考えると、本甲冑(鎧兜)は、歴史的資料としても大変貴重な1領だと言えます。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
不明
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「肋骨胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード