• 未鑑定
  • 江戸時代

てつさびじよこはぎろくまいどう

鉄錆地横矧六枚胴

鉄錆地横矧六枚胴

甲冑(鎧兜)は、戦国時代から江戸時代初期に活躍した三河国(現在の愛知県東部)の武将「平岩家」伝来の当世具足です。の前面と肩の鞐(こはぜ:金具)部分に、平岩家の家紋「並び弓紋」(ならびゆももん)が描かれています。

並び弓紋とは、弦を張った弓が左右対称に描かれた文様のこと。現在では珍しい文様に思えますが、当時の武士にとって弓や矢は必要不可欠な道具であったため大変好まれた文様で、家紋として多くの武家が使用していたと言われています。

本甲冑(鎧兜)は、鉄に錆漆(さびうるし)を塗って仕上げた鉄錆地。6枚の鉄板を蝶番で繫げた「六枚胴」で、その繫ぎ(矧ぎ)留めの方法が「横矧」です。

胴の前面には、采配付の鐶(さいはいづけのかん)と取り外し可能な装置が付くなど、とても凝った造込み。草摺(くさずり)は、黒漆塗がされた伊予札(いよざね)5段6間で、薫韋(ふすべなめし:動物の皮で作った紐)で素懸縅(すがけおどし:まばらに縅す方法)が施され、裾板には雲龍の金蒔絵も描かれています。どこか南蛮風の雰囲気もある高級で粋な逸品です。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄錆地横矧六枚胴」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード