• 未鑑定
  • 江戸時代中期

てつさびじじゅうにけんあこだなりすじかぶと てつくろうるしぬりこしとりにまいどうぐそく

鉄錆地十二間阿古陀形筋兜 鉄黒漆塗腰取二枚胴具足

鉄錆地十二間阿古陀形筋兜 鉄黒漆塗腰取二枚胴具足

甲冑(鎧兜)には、「阿古陀形」(あこだなり)と称される形状が用いられています。これは、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて流行した「筋兜」(すじかぶと)の一種。古風でありながらも、どこか趣(おもむき)が感じられる兜です。

兜の「」(しころ)は、丸く膨らませて張り出すような形状の「饅頭錣」(まんじゅうじごろ)になっており、これは、近世において擬古風を目指して作られた兜によく見られる技法でした。

面頬」(めんぽう/めんぽお)の顎部分には、共鉄(ともがね:同種の成分が組み合わさった金属)で作られた切鉄(きりがね:図柄や紋章などを切り出した薄い鉄板)が配されています。

また、「喉輪」(のどわ)に使われているのは、錣と同様に「鉄黒漆一文字伊予札」と呼ばれる形式。「伊予札」(いよざね)の板2段で構成されている「」(たれ)が、「絵韋」(えがわ)の「蝙蝠付」(こうもりづけ:裾開きの革を入れて上下を綴じ付けること)で取り付けられているのが特徴。

に用いられている形式は、腰取(こしとり)2段を伊予札白糸縅とした横矧二枚胴(よこはぎにまいどう)です。

さらに本甲冑(鎧兜)には、①「籠手」(こて)、②「佩楯」(はいだて)、③「臑当」(すねあて)のいわゆる「三具」が揃っていることはもちろん、毛靴も付属されています。保存状態は良好で、高級感に溢れ、飾り映えのする1領です。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄錆地十二間阿古陀形筋兜 鉄黒漆塗腰取二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード