• 甲種特別貴重資料
  • 安土桃山時代

くろうるしぬりつるせんにんまきえ ほとけこしとりにまいどうぐそく

黒漆塗鶴仙人蒔絵 仏腰取二枚胴具足

黒漆塗鶴仙人蒔絵 仏腰取二枚胴具足

甲冑(鎧兜)は、金蒔絵が施された「頭形兜」(ずなりかぶと)との前面に描かれた「鶴に乗る仙人」の蒔絵に特徴があるとても華やかな当世具足です。

鶴に乗る仙人とは、「王子喬」(おうしきょう)のこと。王子喬は、古代中国で霊王(周の王)の皇子と言われた人物で、白い鶴に乗り、笙(しょう:雅楽の笛)を吹きながら空中を飛翔する仙人になったと伝えられる神的存在。また胴の後面には、「車紋」らしい模様が描かれています。

この甲冑(鎧兜)の持ち主は誰であるのか分かりませんが、中国故事に精通する教養の高い人物で、車紋を使用する高貴な出自であることが想像できるのです。

なお、「仏腰取二枚胴」とは、仏像の胸に継ぎ目がないように、胴に継ぎ目がない二枚胴のこと。また「腰取」とは、胴の腰元部分だけ、他とは違う縅し方にして変化を付けた手の込んだ物を言います。袖には、赤、白、橙とカラフルな色々縅を使用し、佩楯(はいだて)は、赤と金色、草摺(くさずり)部分は緑の単色を配色。目立たないように、かなりの贅が尽くされた1領です。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
甲種特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
安土桃山時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「黒漆塗鶴仙人蒔絵 仏腰取二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード