• 特別貴重資料
  • 江戸時代 前期

てつくろしぼかわつつみむなこしどりまるどうぐそく

鉄黒皺革包胸腰取丸胴具足

鉄黒皺革包胸腰取丸胴具足

甲冑(鎧兜)は、室町時代以降に主流となった「当世具足」の種類のひとつである、「越中具足」と呼ばれる甲冑(鎧兜)です。

本甲冑(鎧兜)のは、鉄皺革包丸胴(てつしぼかわづつみまるどう)で、越中具足の形式に則り、は附属していません。鉄錆地越中頬の面具が附属し、は鉄黒漆塗越中頭形兜(てつくろうるしぬりえっちゅうずなりかぶと)で、山鳥尾の掴差(つかみざし)が頭立(ずだて)に差されています。

山鳥尾の頭立は、熊本藩主か、近しい人物のみが使用することを許されたとされる由緒正しいモチーフです。

戦国武将「細川忠興」(ほそかわただおき)により考案された越中具足は、実戦を重視して制作された甲冑(鎧兜)で、身動きが取りやすいように、最低限の防御を備えているのが特徴。

熊本藩細川家の御家流(おいえりゅう)として知られ、江戸時代以降も長く制作されました。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 前期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
細川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒皺革包胸腰取丸胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード