• 未鑑定
  • 江戸時代 前期

はなだいとすがけおどしもがみどう

縹糸素懸威最上胴

縹糸素懸威最上胴

「縹糸素懸威最上胴」は、江戸時代初期から前期に制作された「最上胴」(もがみどう)。横長の「板物」(いたもの)をつないで作られています。室町時代末期に登場した最上胴は、それまでの日本甲冑(鎧兜)が何百、何千枚もの小札(こざね)を綴り合わせて作られたのに対し、一続きの板物を使用することで部品数が少なくなった点が特徴。制作費節約や防御力の面で評価され普及し、のちの当世具足(とうせいぐそく)の基礎形式になりました。

胴は、黒漆塗鉄板物を縹色(はなだいろ:薄い藍色)の組紐の素懸威(すがけおどし)で構成しています。

胴体上部を守る前立挙(まえたてあげ)は3段、後立挙(うしろたてあげ)は4段で、腹回りを覆う長側(なががわ)は5段。長側は、板物を1段ごとに前後左右4ヵ所の蝶番(ちょうつがい)でつないであり、着脱しやすい構造です。

後胴には指物(さしもの)を取り付けるための合当理(がったり)と受筒(うけつつ)も設けられます。

草摺(くさずり)は6間4段の朱漆塗練革(ねりかわ)切付伊予札(きりつけいよざね)。丈が短い4段の草摺は歩きやすく、実戦が盛んな安土桃山時代から江戸時代初期にかけて多く見られます。胴と草摺の色を違える意匠も同時期の当世具足で流行し、これらの点などから本鎧の制作年代が推測されます。

本甲冑(鎧兜)と同じ構造をした有名な甲冑(鎧兜)に、徳川家康の四男・松平忠吉(まつだいらただよし)所用の銀箔置白糸威具足(徳川美術館所蔵)、黒田官兵衛(黒田如水・黒田孝高)所用の黒糸威胴丸具足・黒田長政所用の黒糸威胴丸具足(いずれも福岡市博物館所蔵)などがあります。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 前期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「縹糸素懸威最上胴」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード