• 未鑑定
  • 制作時代不明

りゅううるしえごいしがしらにまいどう

龍漆絵碁石頭二枚胴

龍漆絵碁石頭二枚胴

「龍漆絵碁石頭二枚胴」は、江戸時代に定型化した当世具足(とうせいぐそく)の二枚胴(にまいどう)で最も一般的な、切付伊予札(きりつけいよざね)からなる縫延胴(ぬいのべどう)。もとはから臑当(すねあて)まで、すべて揃った具足の一部だったのが散逸して現状になりましたが、なお見どころを残しています。

頭を丸い山形2つ分に切り出した碁石頭(ごいしがしら)が並んだ鉄切付伊予札を金茶糸(きんちゃいと)の素懸威(すがけおどし)で仕立て、立挙(たてあげ)の札板は前3段、後4段で長側(なががわ)は5段。上端と下端がすぼまり気味で、なかほどが膨らんだ洋樽状のシルエットは、当世具足の胴の一大特徴です。

肩上(わだかみ)と金具廻(かなぐまわり)は白檀塗(びゃくだんぬり)で、金具廻にはその上に黒漆で龍の図を描きます。

前後の立挙に打つ両乳の鐶(りょうちのかん)と総角付の鐶(あげまきつけのかん)は金銅。その頭には木瓜紋(もっこうもん)が入ります。後胴には指物(さしもの)を取り付けるための合当理(がったり)と受筒(うけつつ)も設けられます。

胴の下端の発手(ほって)から下がるのは腰鎖(こしぐさり)。当世具足では、活動性を上げるために胴と草摺(くさずり)をつなぐ揺糸(ゆるぎいと)が長くなりました。一方で腰回り部分は無防備になる恐れがあり、一部の武士は揺糸の裏に腰鎖を当てて対応したのです。

手の込んだ金具廻の装飾と、当世具足ではまず不要になった総角付の鐶、そして腰鎖を備えることから、かつての本胴は上級武家が所用した入念な1領であったろうことがしのばれます。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
不明
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「龍漆絵碁石頭二枚胴」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード