• 未鑑定
  • 制作時代不明

こんじきさんじゅうにけんこぼしかぶとつきにまいどうぐそく

金色三十二間小星兜付二枚胴具足

金色三十二間小星兜付二枚胴具足

当具足は、鉢金(はちがね)から臑当(すねあて)まで、すべての具足を金箔と金泥で金色に染め、紫色の糸で縅した豪華絢爛な1領。面具(めんぐ)すべての小札(こざね)が金彩色で彩られた当具足は、二枚胴の形式を持った「当世具足」(とうせいぐそく)です。

胸板(むないた)と押付板(おしつけのいた)、脇板(わきいた)を含む胴の各板のみならず、袖の冠板(かんむりのいた:袖 、栴檀板[せんだんのいた]籠手の最上部の金具)や佩楯にも丁寧に絵韋(えがわ)が貼られ、紫糸で縅された当具足は、絢爛でありながらも統一感のある印象を与えます。

兜も胴と同様に、鉢、吹返(ふきかえし)、眉庇(まびさし)、(しころ)のすべてに金彩色が施されており、雪持笹紋(ゆきもちささもん)の前立(まえだて)が附属。非常に目を引く姿をしていることから、大名家の家格を表す表道具として制作されたと考えられます。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
不明
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「金色三十二間小星兜付二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード