• 未鑑定
  • 江戸時代 後期

ろくじゅうにけんすじかぶとつきこんいとおどしまるどうぐそく

六十二間筋兜付紺絲威丸胴具足

六十二間筋兜付紺絲威丸胴具足

当具足は、江戸時代後期の駿河国(するがのくに:現在の静岡県)の大名で、小島藩7代藩主「松平信友」(まつだいらのぶとも)が所用したものと伝わっている甲冑(鎧兜)です。の他、籠手(こて)や佩楯(はいだて)、臑当(すねあて)など、揃いの小具足(こぐそく :甲冑[かっちゅう]における鎧、兜、袖以外の構成要素)が附属していることから「当世具足」(とうせいぐそく)に分類されます。

胴は古式の丸胴で、胸板(むないた)や押付板(おしつけのいた)などの各板と肩上(わだかみ)に絵韋(えがわ)が貼られました。また、化粧板(けしょうのいた)には菊枝透座金(きくえだすかしざがね)の八双金物(はっそうかなもの)を、胸の左右には素銅菊花透の乳鐶(ちかん)、背には枝菊透座金(しぎくすかしざがね)の総角付の鐶(あげまきつきのかん)が具えられた非常に凝った造りの豪華な丸胴です。三具(さんぐ:籠手・佩楯・臑当の3つ)は、草花文錦で統一されており、甲冑(鎧兜)には陣羽織と袴が附属しています。

兜は「六十二間筋兜」(ろくじゅうにげんすじかぶと)で、月輪(がちりん)の前立(まえだて)が附属。月輪は「不死」や「再生」の象徴と考えられていたことから、南北朝時代以降多くの武士達に好まれたモチーフでした。(しころ)の最下段に見られる二段菱錣は、喉輪(のどわ)の(たれ)や草摺(くさずり)の最下段、袖の最下段と同じ意匠で統一されています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 後期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「六十二間筋兜付紺絲威丸胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード