• 甲種特別貴重資料
  • 江戸時代 中期

てつくろうるしぬりおけがわひしとじにまいどうぐそく

鉄黒漆塗桶側菱綴二枚胴具足

鉄黒漆塗桶側菱綴二枚胴具足

甲冑(鎧兜)は、江戸時代に制作され、伊予国宇和島藩(現在の愛媛県宇和島市)の伊達家に伝来した非常に美しい「本小札二枚胴具足」です。

本小札二枚胴具足の名称から、本甲冑(鎧兜)は、「板札」(いたざね)や「伊予札」(いよざね)に対して、本式の「小札」(鉄や革で作られた5~7cm程度の小さな板)を用いて制作されたことを示しており、また2枚の板を蝶番で繋いで制作されたを持つ「当世具足」であることが分かります。

は「鉄錆地桃形兜」に切鉄を散らし、輪郭には金銅の縄目覆輪(なわめふくりん:鑢目[やすりめ]が深い縁取り)が付いた豪華な造りです。前立には、精緻な細工が施された伊達家の家紋のモチーフになっている雀があしらわれ、背面にはが刻まれています。

また、吹返には竹に「雀紋」、兜鉢籠手には「九曜紋」、押付板には「丸に縦三つ引き紋」が入れられており、これらはいずれも伊達家で用いられた家紋です。

本甲冑(鎧兜)に附属する面は、「明珍宗正」(みょうちんそうせい)により、「明珍宗安」(みょうちんそうあん)の作であると極められた折紙が附属しています。制作者の明珍宗安は、戦国時代から江戸時代に高名な甲冑師として名を馳せた「明珍一門」の出身で、江戸時代には華やかな甲冑(鎧兜)やなどを制作しました。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
甲種特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗桶側菱綴二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード