• 特別貴重資料
  • 江戸時代

てつくろうるしぬりいよざねこんいとつづりごまいどうぐそく

鉄黒漆塗伊予札紺糸綴五枚胴具足

鉄黒漆塗伊予札紺糸綴五枚胴具足

具足「鉄黒漆塗伊予札紺糸綴五枚胴具足」(てつくろうるしぬりいよざねこんいとつづりごまいどうぐそく)は、「畳具足」(たたみぐそく)と言われる種類の甲冑(鎧兜)です。

畳具足とは甲冑(鎧兜)を小さく折りたたんで、持ち運びがしやすいように制作されている具足で、特に当具足のは鉄板部分を紺糸で縅し、留め具を外すことで折りたためるようになっています。この兜に合わせても鎖や鋲留めを取り外し可能にすることで、1領を1枚の風呂敷に包んで運べるようにしているのです。

当具足の兜の吹返に施された「丸に矢筈」紋は、「毛利高政」(もうりたかまさ)が朝鮮出兵の際に「豊臣秀吉」から賜った家紋江戸時代にこの家紋を用いたのが、豊後国(現在の大分県)佐伯藩毛利家のみであったことから、当具足は佐伯毛利家に伝わる具足だとされています。

藩祖である毛利高政はもとは森氏の出身でしたが、戦国武将毛利輝元」(もうりてるもと)から名字を賜い改名。そのため正式な家紋として森氏の「鶴丸紋」を副紋として丸に矢筈紋を用いていましたが、江戸時代に入ると反転し丸に矢筈紋を佐伯毛利家の正式な家紋として用いるようになりました。

当具足は大名クラスの高級な畳具足であるとされ、社団法人「日本甲冑武具研究保存会」から「特別貴重資料」に認定されています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗伊予札紺糸綴五枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード