• 特別貴重資料
  • 江戸時代 後期

てつしゅうるしぬりたてはぎむなとりごまいどうぐそく

鉄朱漆塗縦矧胸取五枚胴具足

鉄朱漆塗縦矧胸取五枚胴具足

甲冑(鎧兜)は、彦根藩(ひこねはん:現在の滋賀県)・井伊家に仕えた井伊藩士「伊藤権兵衛」(いとうごんべえ)が所用した「当世具足」です。伊藤権兵衛は馬廻り(主君の護衛をする親衛隊)や馬術指南役などを務め、「戊辰戦争」でも大活躍した人物だと伝わります。

本甲冑(鎧兜)は、籠手(こて)・佩楯(はいだて)・臑当(すねあて)・草摺(くさずり)に至るまで「井伊の赤備え」とも言われる美しい朱塗漆で仕上がっているのが、最大の特徴。井伊家の赤備えとは、初代彦根藩主「井伊直政」(いいなおまさ)が戦場で身にまとい「井伊の赤鬼」と恐れられるほどの武勇を誇ったことにあやかり、井伊家では藩主と藩士達も赤備えの甲冑(鎧兜)を代々用いたとされています。

より目を惹くのが、戦場において自らの存在を誇示するためだと言う兜の金色の前立(まえだて)。胴は「縦矧桶側二枚胴」(たてはぎおけがわにまいどう)という板札を縦につないで作られた物で、左側から着脱します。

また、鎧の上から羽織る「陣羽織」である「朱羅紗陣羽織」(しゅらしゃじんばおり)を付属。羅紗とは、毛織物の一種で12世紀頃のセルビアの首都ラサで生産され「南蛮貿易」により日本へと伝来しました。他には、鎧をしまう唐櫃(からびつ)と、所用者であった「伊藤権兵衛」の名前を染め抜いた旗指物を付属。本甲冑(鎧兜)は、比較的新しい時代に作られたこともあり、保存状態と質共に良好の名品となっています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 後期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄朱漆塗縦矧胸取五枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード