• 甲種特別貴重資料
  • 江戸時代 中期

てつくろうるしぬりほんこざねもえぎいとおどしにまいどうぐそく

鉄黒漆塗本小札萌黄糸威二枚胴具足

鉄黒漆塗本小札萌黄糸威二枚胴具足

具足「鉄黒漆塗本小札萌黄糸威二枚胴具足」(てつくろうるしぬりほんこざねもえぎいとおどしにまいどうぐそく)は、1765年(明和2年)に江戸幕府10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)より出羽国(現在の秋田県山形県米沢藩の8代藩主「上杉重定」(うえすぎしげさだ)が賜った上杉家伝来の「童具足」(わらべぐそく)です。

童具足とは、一般的に生まれたばかりの子供の「産着鎧」(うぶぎよろい)や鎧着初め、元服の際に用いられる大名の子供が儀礼用に用いる甲冑(鎧兜)のこと。

資料によると、当具足が上杉家に下賜された1765年(明和2年)に江戸城東京都千代田区)西の丸にて、徳川家治の長男「徳川家基」(とくがわいえもと)に諱が与えられた記録が存在することから、この儀礼に関係する具足ではないかとも考えられます。

当具足のは「大黒頭巾形兜」(だいこくずきんなりかぶと)ですが、江戸幕府初代将軍「徳川家康」所蔵の「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく:通称歯朶具足)の兜も同様の形。そのため、当具足の兜も縁起を担ぎ意図的に初代将軍の兜に似せて制作されたと考えられているのです。なお、鑑定により兜のみ現代作ということが分かっています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
甲種特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
米沢上杉家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗本小札萌黄糸威二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード