• 重要文化資料
  • 江戸時代 中期

てつさびじりゅううちだしきんこざねこんいとおどしごまいどうぐそく

鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足

鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足

具足「鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足」(てつさびじりゅううちだしきんこざねこんいとおどしごまいどうぐそく)は、肥前国(現在の佐賀県長崎県島原藩松平家に伝来する甲冑(鎧兜)で、頬当に「明珍宗察」(みょうちんむねあきら)の作者と、1747年(延享4年)に制作されたことを表す年紀銘が入れられた大変貴重な当世具足です。

鉄板を蝶番で繋いだ五枚胴は、玲瓏な龍と波が力強く打ち出されている「打出胴」(うちだしどう)で、胸板脇板押付板草摺が紺糸で縅されています。打出胴は、江戸時代に隆盛した甲冑師の一派である明珍派が得意とした技術で、明珍宗察も同様に鉄地に文様を浮かび上がらせる打出しに優れた名工です。

は「三十二間四方白星兜」(さんじゅうにけんしほうじろほしかぶと)で、四方に赤銅の地板をかぶせた上に、前3本、後左右に2本の篠垂(しのだれ)が付けられています。天辺の座や鍬形台は豪奢な飾り金具や枝菊紋(すぎくもん)の透かし彫りで装飾され、銀製の前立は島原藩松平家の家紋である「重ね扇」が付けられた高級感の溢れる1領です。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
島原藩松平家→
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄錆地龍打出金小札紺糸威五枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード