• 貴重資料
  • 江戸時代 中期

てつさびじももなりかぶとつきてつたてはぎごまいどうぐそく

鉄錆地桃形兜付鉄立矧五枚胴具足

鉄錆地桃形兜付鉄立矧五枚胴具足

甲冑(鎧兜)は、濃緑色の韋糸で毛引威(けびきおどし)された上質な作。大腿部を守る草摺(くさずり)は、非常に珍しい作りで、前後に2間(2枚)という独創的な仕立となっています。

名称にも入っている「桃形兜」(ももなりかぶと)は、の形状が桃の果実に似ていることに由来。「変わり兜」の一種で、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて流行しました。

兜の吹返(ふきかえし)には「三引両紋」の金具が据えられ、(しころ)には、全体と同じ濃緑色の韋糸を使用していますが、素懸威(すがけおどし)で作られています。

前立は、木彫金箔押しの帆立貝の形。魚介を模す兜は「魚介形兜」(ぎょかいなりかぶと)と言い、他にも縁起の良い法螺貝や鯱などが活用されました。

は五枚胴で作られています。この「五枚胴」とは、5枚の鉄板からできており、着脱のための蝶番(ちょうつがい:丁番、ヒンジとも呼ばれる)が4ヵ所に取り付けられた胴のことです。また胴の前板と後板は、縦に鉄板3枚分の継ぎ目がある三枚縦矧(さんまいたてはぎ)で、胸に当たる部分も濃緑色の韋糸で毛引威されています。

付属品の櫃箱は、三方に「丸に三つ立花紋」を配し、残りの一方に「よろい」と朱書されています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄錆地桃形兜付鉄立矧五枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード