• 特別貴重資料
  • 江戸時代 前期

てつちゃしぼがわつつみぬいのべざねしろいとすがけおどしにまいどうぐそく

鉄茶皺革包縫延札白糸素懸威二枚胴具足

鉄茶皺革包縫延札白糸素懸威二枚胴具足

甲冑(鎧兜)は、(しころ)や草摺(くさずり)などに鮮やかな白色で毛引威(けびきおどし)された華麗な作品です。

兜は「鉄地錆色漆塗六十二間筋兜」(てつじさびいろうるしぬりろくじゅうにけんすじかぶと)と言い、兜鉢(かぶとのはち)はやや膨らみ、先は緩く尖った形になっています。兜の前正中(兜の正面)は一筋のみ鍍金(めっき)で毛彫をした唐草紋様(からくさもんよう)で、眉庇(まさびし)や吹返(ふきかえし)には、白地藻獅子(しろじもじし)の絵韋(えがわ:絵の描かれた動物の革)が貼られている手の込んだ仕立です。さらに吹返表面には、金工で「四つ盛り釘抜き紋」が据えられています。

は横矧(よこはぎ:横向きの継ぎ目がある胴)にして白糸で素懸威(すがけおどし)をし、草摺は当世具足に多い7間5段。籠手(こて)や佩楯(はいだて)、臑当(すねあて)と呼ばれる「三具」は、草花文緞子(そうかもんどんす:数種の花を唐草風に織り出した織物)で統一されています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 前期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄茶皺革包縫延札白糸素懸威二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード