• 甲種特別貴重資料
  • 江戸時代 後期

ねりかわくろうるしぬりほんこざねこんすそごおどしどうまるぐそく

練革黒漆塗本小札紺裾濃威胴丸具足

練革黒漆塗本小札紺裾濃威胴丸具足

「練革黒漆塗本小札紺裾濃威胴丸具足」(ねりかわくろうるしぬりほんこざねこんすそごおどしどうまるぐそく)は、江戸時代後期に制作された甲冑(鎧兜)で平安時代後期から鎌倉時代初期に用いられた「胴丸鎧」の形式をした1領です。

本甲冑(鎧兜)は胴丸鎧をベースとして制作されながら左右両方に乳輪や栴檀板が付くなど原型に倣っていない部分も多く、江戸時代の趣向を凝らして制作された物であると考えられています。

本甲冑(鎧兜)の縅毛には白と段染めの藍色が用いられ、美しいグラデーションが特徴的な1領。は鉄地黒漆塗二方白兜で、正面に大きな篠垂(しのだれ:兜の八幡座から前後または左右に垂れた筋金)が1筋堂々と垂れています。

鍬形台の茎には「明珍宗光」(みょうちんむねみつ)と「長運斎造之」というが入れられていますが、本甲冑(鎧兜)の作者銘なのか、鍬形台などの金具の作者銘なのかは分かっていません。

明珍宗光は、江戸時代の甲冑師の中で最も有名と言われた一派「明珍派」出身の甲冑師です。明珍派は元々馬具を制作する轡師(くつわし)でしたが、平安時代に「近衛天皇」へと轡を献上した際に「明珍」の名を賜ります。その後、室町時代後期に「明珍信家」(みょうちんのぶいえ)が「日本一の甲冑師」と評されたことにより、明珍の名が世間に広く知られるようになりました。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
甲種特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 後期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「練革黒漆塗本小札紺裾濃威胴丸具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード