• 特別貴重資料
  • 江戸時代 中期

えぼしなりかぶとつきよこはぎにまいどう

烏帽子形兜付横矧二枚胴

烏帽子形兜付横矧二枚胴

甲冑(鎧兜)は「烏帽子形兜」(えぼしなりかぶと)といって、鉢が丸形ではなく真っ直ぐ上に伸びる形状のを持つ甲冑です。この形が、「烏帽子」(貴族などが使用した被り物)を想起させるためこのように呼ばれました。そして、兜鉢(かぶとのはち)の後正中(うしろしょうちゅう)には「因州住兼光」(いんしゅうじゅうかねみつ:因州は現在の鳥取県東部)とが刻まれていることから、江戸時代に活躍した甲冑師の一派「明珍派」(みょうちんは)の「兼光」作であると考えられています。

兜正面は、鹿角に見立てた木製の脇立と、金箔押しの日輪形の前立が、威厳のある風格を醸し出しています。兜鉢後頭部の上辺には、左右に穴が設けられ、鍍金(めっき)と鍍銀(とぎん)の座金(ざがね)を付けて「太陽」と「月」を表現。さらに穴の周辺には金箔彩色の金雲が施され、見えない箇所にも手が加えられており、兜に彩りを添えています。

「二枚胴」(にまいどう)とは、前後を2枚の板で合わせた物で、右側に蝶番(ちょうつがい:丁番、ヒンジとも呼ばれる)があり、左側で着脱するのことです。本甲冑(鎧兜)の胴は、胸部に伸縮性を持たせるため、紺色の韋糸による毛引威(けびきおどし)となっており、山道頭(やまみちがしら:板札の上端が山道のように緩く湾曲したもの)の板札が鋲で打たれています。同じように、草摺(くさずり)とにも山道頭の板札(いたざね)を活用。全体的に経年劣化が少なく、傷みがあまり見られない甲冑(鎧兜)となっています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別貴重資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「烏帽子形兜付横矧二枚胴」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード