• 保存資料
  • 江戸時代

きりつけざねくれないすそごおどしにまいどうぐそく

切付札紅裾濃縅二枚胴具足

切付札紅裾濃縅二枚胴具足

本甲冑(鎧兜)は一見胴丸大鎧を思わせる組み方ですが、背後には長側(ながかわ)5段、後立挙(うしろたてあげ)4段があり、左脇に蝶番(ちょうつがい)がある二枚胴です。

大円山巌星兜(だいえんざんいがぼしかぶと)の(しころ)は幕末期の物と考えられることから、春日大社の国宝(赤糸縅大鎧など)の立物や脛当(すねあて)の大立挙(おおたてあげ)、螺鈿微塵塗り(らでんみじんぬり)の唐櫃(からびつ)などを合わせて、この姿にしたものと考えられます。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存資料
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「切付札紅裾濃縅二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード