• 写し(replica)
  • 現代

だてまさむね かっちゅううつし

伊達政宗 甲冑写し

伊達政宗 甲冑写し

甲冑(鎧兜)は、仙台藩(現在の宮城県)初代藩主を務めていた猛将「伊達政宗」(だてまさむね)所用の「鉄黒塗五枚胴具足」(てつくろぬりごまいどうぐそく)を模して制作されたレプリカです。

この五枚胴具足は、1585年(天正13年)、「佐竹家」と「伊達家」の間で勃発した「人取橋の戦い」(ひととりばしのたたかい)において、伊達政宗が着用したことでも知られています。

一見すると地味にも思える黒色ですが、どこか洗練された雰囲気があり、伊達政宗のセンスの高さが感じられる1領です。

本甲冑(鎧兜)において最も注目して頂きたいのは、やはり「兜鉢」(かぶとのはち)の部分。頑丈な「六十二間筋兜」(ろくじゅうにけんすじかぶと)の形式が用いられ、「独眼竜」(どくがんりゅう)の眼帯と並んで、伊達政宗のトレードマークである三日月型の「前立」(まえだて)に、本金箔が使われているところが特長です。

左右非対称であることが印象的な三日月の前立は、その意匠を伊達政宗自身ではなく、父・伊達輝宗(だててるむね)が考案したと伝えられています。

また、月は「仏の御加護」を象徴することから、天下統一の野望を持つ息子・伊達政宗の成功と守護を願う、父・伊達輝宗の祈りが込められていると推測されているのです。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
写し(replica)
推定制作時代 推定制作
時代
現代
甲冑種別 甲冑種別
写し(replica)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「伊達政宗 甲冑写し」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード