• 未鑑定
  • 江戸時代 後期

ねりかわくろうるしぬりほんこざねのどわ

練革黒漆塗本小札喉輪

練革黒漆塗本小札喉輪

面頬は、非常に状態の良い本小札(ほんこざね:革や鉄を素材とした小さな板)の喉輪です。「喉輪」は、喉周りから胸元を守るための防具。

蝙蝠付(こうもりづけ:裾開きの革を入れて上下を綴じ付けること)には、小桜革(こざくらがわ:小さな桜の模様があしらわれた革)と菖蒲革(しょうぶがわ:菖蒲が白抜きされている革)が使われています。

「小桜革」は、平安時代から使用されることが多い伝統的な模様。「菖蒲革」は、「尚武」(しょうぶ:武道や武勇を重んじること)や「勝負」と同音であることから、武士の間で用いられることが多かった模様です。

1段目と2段目の小札板(こざねいた)は共に、紺色の糸で「毛引威」(けびきおどし:小板を隙間なく糸や紐で繋いであること)を施し、小札板の下部は上下とも朱色の糸で「菱綴」(ひしとじ:X状に綴じ合わせること)がされています。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 後期
甲冑種別 甲冑種別
面頬
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「練革黒漆塗本小札喉輪」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード