• 面頬
  • 江戸時代 中期

てつくろうるしぬりおきなそうめん

鉄黒漆塗翁総面

鉄黒漆塗翁総面

面頬は、朱色に染めた「ヤク」の毛の髭が特徴的な黒漆塗の総面です。様々な様式がある面頬の中でも、総面は現存する数が少ないため、非常に人気があります。ヤクとは、インドや中国などに生息するウシ科の動物。舶来品であるため、当時大変貴重であった素材です。

額には眉と皺が打ち出され、半頬(はんぼお:顔の半分、頬から顎にかけて覆う面具。古くは「頬当」と呼ばれた)は、折釘(おりくぎ:頭の部分を直角に折り曲げた釘)を用いた捻り留めで、額と繋げられています。

翁面である本面頬は、大きな鼻と隆起した頬、そして痩せた顎の面相が特徴。また、耳には六星の穴、顎下には汗流しのための穴を1点穿ち、顎脇には、緒便り(おだより:面頬の両頬と顎下に1個ずつ打たれた部分。に固定させるため、緒を絡めて用いた)の釘が打たれています。

さらには、両頬の緒便金(おだよりがね)は細長い1枚の板状となっており、これは「太刀除」(たちよけ)とも呼ばれ、通常は、鋲などで継ぎ目を固く接合する部位。しかし本面頬では、打ち出して形成しています。

黒漆塗の板物に紺糸素懸威(すがけおどし)、紫糸と朱糸で2段の菱綴(ひしとじ:X[エックス]字状に綴じていく技法)が施されているのは、「垂」(たれ)と称される喉から胸のあたりを保護する部位。

また、面頬本体と垂は、「絵韋」(えがわ:文様などを染めた鹿のなめし革)を用いた「蝙蝠付」(こうもりづけ:蝙蝠が羽を広げたような形状の革を、上下で綴じ付ける技法)で連結されており、面の裏側は朱漆塗です。

本面頬は、改造や修復などが一切見当たらず、紛うことなき優品であると認められます。

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
面頬
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗翁総面」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード