• 面頬
  • 江戸時代 前期

てつさびじやすりぼりりゅうぶめん(はるたは)

鉄錆地鑢彫隆武面(春田派)

鉄錆地鑢彫隆武面(春田派)

面頬は、鼻の部分を蝶番で留めた「隆武面」(りゅうぶめん)です。隆武面とは、威厳を持つ勇猛な武士の相を表した面頬の様式のひとつ。皺がなく、頬の肉付きが良い物が多く見られ、本面頬には鑢彫(やすりぼり)が施されており、髭の部分には、白猪(しろいのしし)の毛が用いられています。

鼻の先には猪目(いのめ)の透かしが入れられ、顎先に置かれているのは、座金(ざがね:鋲を打つときに、鋲頭を受けるための金物)を備えた鋲が打たれた、梅の意匠の切鉄(きりがね:紋や図柄などの文様を切り出した薄い鉄板)です。

また、顎脇に置かれた切鉄は、花菱型の形状となっており、緒便り(おだより:両頬と顎下に1個ずつ打たれた部分。緒を絡めてに固定させた)の釘が打たれています。さらに顎下にひとつ開けられているのは、戦いの緊張で溜まった汗を流すための穴です。

喉から胸元のあたりを防御する「」(たれ)は、煉革本小札(ねりかわほんこざね)2段を、藻獅子革(もじしがわ)と菖蒲革(しょうぶがわ)を用いた「蝙蝠付」(こうもりづけ:蝙蝠が羽を広げたような形状の革を用いて、上下を綴じ付ける技法)としています。

加えて、萌黄糸(もえぎいと)で「毛引縅」(けびきおどし)が施され、朱糸でなされているのは、2段ずつの菱綴(ひしとじ:X[エックス]字状になるように綴じる技法)です。

この他にも垂の部分には、金銅の牡丹の意匠が配された「八双金物」(はっそうかなもの)と、隅金具が置かれる豪華な仕立て。大和国(やまとのくに:現在の奈良県)発祥の甲冑師軍団「春田派」の一門に属していた職人が、加賀国(かがのくに:現在の石川県の南半部)へ移って制作したと見られ、大名具足に付属されていた面頬であると推定されます。

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 前期
甲冑種別 甲冑種別
面頬
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄錆地鑢彫隆武面(春田派)」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード