• 未鑑定
  • 江戸時代 中期

てつくろうるしぬりれっせいめん

鉄黒漆塗烈勢面

鉄黒漆塗烈勢面

面頬は、鉄味(かなあじ:鉄の品質)の良い大ぶりの面に、鋭く皺(しわ)を打ち出した「烈勢面」(れっせいめん)で、鼻と口の下には髭を植え付けています。

あごの下には、顔にかいた汗を流すための穴をあけ、そこには「明珎宗勝」(みょうちんむねかつ)の銘。裏面には朱漆塗が施されており、藻獅子革(もじしかわ)と菖蒲革(しょうぶかわ)を用いて、面頬と「蝙蝠付」(こうもりづけ:裾開きの革を用いて、蝙蝠が羽を広げたような形状で上下を綴じ付けること)された「」(たれ)は、黒漆塗を施した鉄の板物4段を紺糸で「素懸縅」(すがけおどし)にし、朱色の糸で2段の「菱綴」(ひしとじ:補強と装飾をかねてX状に綴じ合わせること)がなされています。

烈勢面は、鼻のある面頬である「目の下頬」(めのしたぼお)の一種。烈勢面は、甲冑師の流派「明珎家」(みょうちんけ)の代表的な面相のひとつとされています。頬に皺のある痩面(そうめん:肉付きのない面)で、その表情から勢いと激しさを感じ取ることができるのが、その名の由来です。

作者・明珎宗勝は、江戸時代中期に武蔵国(むさしのくに:現在の東京都神奈川県埼玉県の一部)で活動していたと言われている甲冑師。その技量の高さには定評があります。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
面頬
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗烈勢面」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード